カテゴリー
Band Tee バンドTシャツ
Literary Tee 文学Tシャツ
【Worn By】
【Worn Free】
【Out of Print】
【Amplified】
【Charles Peterson】
【City Lights Bookstore】
【English Laundry】
【FOTOFOLIO】
【JIMI HENDRIX COLLECTION】
【Joe Szabo】
【John Lennon】
【Rolling Stone】
【Sexy Stones Records】
【Sub Pop Records】
【THRASHER】
Art Poster アートポスター
Footwear 靴
Jackets ジャケット
Sweats Hoodies
Tank Top タンクトップ
Accessories
Hat 帽子
CD・DVD・書籍
 ・8otto
 ・浅井健一
 ・Awake Zion
 ・Beatles , The
 ・Bomb The System
 ・control freak!!
 ・David Bowie
 ・Dead Kennedys
 ・Flaming Lips
 ・Frank Lloyd Wright
 ・Futuro
 ・Hype!
 ・Iggy Pop / The Stooges
 ・Jack Kerouac
 ・JOHN LENNON
 ・Jude
 ・LA Creators
 ・London & Brighton Guide
 ・Looking for a Thrill
 ・NIRVANA / Kurt Cobain
 ・Ornette Coleman Trio , The
 ・Oscar Niemeyer
 ・Pogues , The
 ・PONTIACS
 ・Punk Rock Confidential Japan
 ・Punk The Early Years
 ・Ramones
 ・Reggae on the River
 ・Richard Hell & The Voidoids
 ・Shallow Well
 ・Sherbets
 ・Smithereens
 ・Subterraneans , The
 ・T.REX
 ・Timothy Leary
 ・What About Me
 ・画ニメ
Rudy Records
Musical Instruments 楽器
SALE
新着商品
Genesis / R-Kive Tee (Black)
Genesis / R-Kive Tee (Black)
2,990円
インフォメーション
ご利用案内
お支払方法・送料について
配送・返品について
サイズ表記について

個人情報の取扱い
特定商法取引表記

Rudyショップの紹介
お問い合わせ

 2019.10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
Bomb The System (ボム・ザ・システム) [DVD]
販売価格3,990円 (税込)
Bomb The System (ボム・ザ・システム) [DVD]
【イメージを拡大】
ポイント39P

完売しました

「ワイルド・スタイル」の衝撃から20年。
リアルなユース・カルチャーを描いたグラフィティ・ムービーが再び日本に上陸する。


「パターン化された最近の商業映画のスタイルを打ち破り、現在進行形のグラフィティ・カルチャーにインスパイアされた映画をバラ・ラフは作り上げた。新鮮なカメラ・アングル、強烈な色彩、革新的な編集などがうまくブレンドされ、変な計算からは生まれない個性的な作風を見せてくれる。微妙なニュアンスに満ちたスタイル、ダイナミックな表現力が、この映画では輝いているのだ」
         ─ジム・ジャームッシュ(映画監督)

物語
舞台は、ニューヨーク。ブレストの異名を取る19歳の白人青年アンソニーは、ローカル・シーンで最高の評価を受けているグラフィティ・ライターだ。彼はNY市警のヴァンダル・スクワッド(落書き取り締まり班)のしつこい追跡を交わしながら、毎夜ハンドスタイルで街中の壁に向かい、見事なアートをモノにする。だがクルー(仲間)の逮捕をきっかけに、NY市警との衝突が激化。事態は予想のつかぬカオスへと展開し、ブレストはひとつの決断を迫られる・・・。

MC、DJ、ブレイクダンスと並ぶ、ヒップホップ・カルチャーの4大要素のひとつ“グラフィティ”。「ボム・ザ・システム」は、このグラフィティという、法の目をくぐって絵を描き、やがては権力によって消されていく“アート・クライム”(芸術犯罪)に自らの存在証明を賭けるストリートの若者たちを描いた、鮮烈な青春映画だ。

ヒップホップ・カルチャーを扱った劇映画はたくさんあるが、ここまでグラフィティを中心に据えた作品は、ヒップホップ映画のバイブルとして伝説化している『ワイルド・スタイル』(82年)と『ビート・ストリート』(84年)以来、実に20年ぶり。

主人公ブレストを演じたのは、自らプロデューサーも兼任したマーク・ウェバー。トッド・ソロンズ監督の『ストーリーテリング』(01年)、ウディ・アレン監督の『さよなら、さよならハリウッド』(02年)、今年のカンヌ国際映画祭でグランプリに輝いたジム・ジャームッシュ監督の『Broken Flowers(原題)』(05年)など鬼才監督からオファーが続く注目の新進俳優だ。
監督は、これが長編デビュー作となるアダム・バラ・ラフ。弱冠23歳にして堂々とした語りのスキル、そしてその若さならではのみずみずしい感性を見せつけた彼は、インディーズ映画界のアカデミー賞と呼ばれるインディペンデント・スピリット・アワードで、最優秀新人賞にノミネート。さらにサンフランシスコ・インディペンデント映画祭の作品賞など、数多くの映画祭で重要な賞を獲得した。音楽はNYアンダーグラウンド・シーンのカリスマ的トラックメイカー、元カンパニー・フロウ、現デフィニティヴ・ジャックスのエル・Pが手掛けている。

出演
マーク・ウェバー(アンソニー/ブレスト)
ジャクリン・デ・サンティス(アレックス)
ジェイド・ヨーカー(ケヴィン/ルーン)
ガノ・グリルズ(ジャスティン/Buk50)
リー・キニョネス(リー・Q) 他

スタッフ
監督:アダム・バラ・ラフ
製作: ベン・レキー
撮影監督: ベン・カッチンズ
編集: ジェイ・ラノヴィッツ


特典映像
インタビュー<アダム・バラ・ラフ&マーク・ウエバー、リー・キュノネス他>(約25分)
本編未収録シーン(約18分)
ビハインド・ザ・シーン(約18分)
ビデオ・グラフ(約4分)
日本公開劇場予告編 (約2分)
オリジナル予告編 (約3分)
日本公開記念ライブ・ペインティング「Bombing」(約2分)

[主な仕様]
■収録分数:本編 約93分|特典映像:約70分
■仕様:片面2層|ドルビー・デジタル5.1ch &ドルビー・デジタル2.0chステレオ 画面サイズ: アメリカン・ビスタ|日本語字幕(本編&特典)・英語字幕(本編のみ)
■製作年:2003年
■日本劇場公開:2005年
■制作国:アメリカ
■監督:アダム・バラ・ラフ

※ジャケット/仕様などは変更する場合もありますが、ご了承下さい。

ショッピングカート
カートは空です...
ショッピングカート
友達に知らせる
Share on Twitter