カテゴリー
Band Tee バンドTシャツ
Literary Tee 文学Tシャツ
【Worn By】
【Worn Free】
【Out of Print】
【Amplified】
【Charles Peterson】
【City Lights Bookstore】
【English Laundry】
【FOTOFOLIO】
【JIMI HENDRIX COLLECTION】
【Joe Szabo】
【John Lennon】
【Rolling Stone】
【Sexy Stones Records】
【Sub Pop Records】
【THRASHER】
Art Poster アートポスター
Footwear 靴
Jackets ジャケット
Sweats Hoodies
Tank Top タンクトップ
Accessories
Hat 帽子
CD・DVD・書籍
 ・8otto
 ・浅井健一
 ・Awake Zion
 ・Beatles , The
 ・Bomb The System
 ・control freak!!
 ・David Bowie
 ・Dead Kennedys
 ・Flaming Lips
 ・Frank Lloyd Wright
 ・Futuro
 ・Hype!
 ・Iggy Pop / The Stooges
 ・Jack Kerouac
 ・JOHN LENNON
 ・Jude
 ・LA Creators
 ・London & Brighton Guide
 ・Looking for a Thrill
 ・NIRVANA / Kurt Cobain
 ・Ornette Coleman Trio , The
 ・Oscar Niemeyer
 ・Pogues , The
 ・PONTIACS
 ・Punk Rock Confidential Japan
 ・Punk The Early Years
 ・Ramones
 ・Reggae on the River
 ・Richard Hell & The Voidoids
 ・Shallow Well
 ・Sherbets
 ・Smithereens
 ・Subterraneans , The
 ・T.REX
 ・Timothy Leary
 ・What About Me
 ・画ニメ
Rudy Records
Musical Instruments 楽器
SALE
新着商品
Billie Eilish / Bling Tee (White)
Billie Eilish / Bling Tee (White)
2,990円
インフォメーション
ご利用案内
お支払方法・送料について
配送・返品について
サイズ表記について

個人情報の取扱い
特定商法取引表記

Rudyショップの紹介
お問い合わせ

 2019.10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
David, Moffett and Ornette: The Ornette Coleman Trio、SOUND?? Rahsaan Roland Kirk and John Cage [DVD]
販売価格3,990円 (税込)
David, Moffett and Ornette: The Ornette Coleman Trio、SOUND?? Rahsaan Roland Kirk and John Cage [DVD]
【イメージを拡大】
ポイント39P


フリー・ジャズの創始者オーネット・コールマンと、伝説のサックス奏者ローランド・カーク。インプロヴィゼーションの歴史に名を残す偉大な2人のドキュメンタリーを2 in 1でリリース!

従来の形式や思想にとらわれず、曲の構成やコード進行に縛られない「フリー・ジャズ」を提唱したオーネット・コールマン。 彼が率いるトリオが即興演奏を披露した1966年の映像「オーネット・コールマン・トリオ:デヴィッド、モフェット、オーネット」と、盲目のサックス・プレーヤー、ローランド・カークの音楽に対する情熱を綴った「ローランド・カーク&ジョン・ケージ:サウンド??」を収録。

1.「オーネット・コールマン・トリオ:デヴィッド、モフェット、オーネット」(約28分)

監督:リチャード・”ディック”・フォンテーン
制作年:1966年 
制作国:アメリカ
出演:オーネット・コールマン(アルトサックス)、デヴィッド・アイゼンソン(ベース)、チャールズ・モフェット(パーカッション)

1966年、ベルギー映画『Who’s Crazy?』のサウンドトラック録音のためにパリを訪れたオーネット・コールマン、デヴィッド・アイゼンソンとチャールズ・モフェットによるピアノレスのトリオの、スタジオでの様子とインタビューを収録。即興で音楽を付けていく様子をそのまま映し出した本作は、まるで会話のように紡ぎ出される音と、感情を表すかのような表現の豊かさ、インプロヴィゼーションが持つ独特の緊張感を味わうことができる。わずか3日で撮影された本作の監督は映画『Art Blakey: The Jazz Messenger』で知られるリチャード・”ディック”・フォンテーン。
1959年にデビューし、当初R&Bのサックス奏者として活動していたオーネット・コールマンは1960年にアルバム「フリー・ジャズ」を発表。それまでのジャズの常識を覆すこのアルバムは、バスクラリネットのエリック・ドルフィーやコルネットのドン・チェリー、ベースのチャーリー・へイデンら8人のミュージシャンを2つのグループに分けて即興演奏をさせ、それを左右に振って同時に収録する前代未聞のアルバムとなった。その後、本作に登場するトリオを結成。70年代は自らが提唱するハーモロディクス理論(メロディーとハーモニーとリズムをそれぞれ等価として扱う、メンバーが思い思いに音を出していても音楽はすでに成り立っている、という理論)を実践し、ロックバンドを率いたこともある。フリー・ジャズの創始者と言われ、ジャズの発展と拡大に貢献し、ジャンルを超えたミュージシャン達に多大なる影響を与えている。76歳の今も現役として精力的に活動。20年ぶりのオフィシャルツアーとして2006年春に来日し、迫力のある演奏で観客を魅了した。

2.「ローランド・カーク&ジョン・ケージ:サウンド??」(約25分)

監督:リチャード・フォンテーン
制作年:1967年 
制作国:アメリカ
出演:ローランド・カーク(テナー・サックス他)、ジョン・ケージ、デヴィッド・チュードア

ジミ・ヘンドリックスやエリック・バートンにも愛された盲目のサックス・プレーヤー、ローランド・カーク。真っ黒なサングラスに黒づくめの服装。「魔人」「グロテスクジャズ」などと称されるその演奏は、誰にも真似できない彼独自のものだ。3本のサックスを一度にくわえて演奏したり、あるいは鼻で吹いたりと、奇抜なパフォーマンスで知られる彼の姿をとらえ、その音楽性にふれた貴重なドキュメンタリー。大勢の大人や子供に笛を持たせて吹かせてみたり、動物との共演を試みたりと、愉快な挑戦に親しみが感じられる。その一方で登場するのは20世紀最大の前衛音楽家ジョン・ケージ。彼とデヴィッド・チュードア、マース・カニングハムとのコラボレーションによる演劇「Musical Bicycle」の準備の様子などを挟みながら、「音とは何か」を問いかける内容である。
幼いときに視力を失ったローランド・カークは、16歳の時すでに3本の楽器を一度に演奏することを夢見ていたらしい。マンゼロとストリッチという古典楽器を用い、循環呼吸による途切れることのない迫力満点の演奏は60年代に見出され、61年には一時的にチャールズ・ミンガス・グループに加入している。70年代には自らのバンドであるバイブレーション・ソサエティを結成。75年に脳溢血で半身不随になるという悲劇にも負けず、片手で演奏を続けた。77年に41歳の生涯を閉じるが、その果敢な人生は現在も賞賛と尊敬をもって評価され続けている。

字幕監修・解説:原田和典

音楽ライター。1970年北海道生まれ。19歳で上京、老舗ジャズ雑誌で働く(最後の5年間は編集長)。2005年夏、晴れてソロ活動開始。ジャズ誌時代にはできなかったアイドルの取材、他ジャンルの原稿等にも取り組みつつ、アナーキーかつソウルフルに生きる。著書には『世界最高のジャズ』(光文社新書より8/14発売)、『コルトレーンを聴け!』(ロコモーションパブリッシング)、『元祖コテコテ・デラックス』(ジャズ批評社)、共著には『JAZZ”名盤”入門!』(宝島社新書)、『さわりで覚えるジャズ25選1〜3』(中経出版)、インタビュー登場には『充実人間の時間とお金「超」利用術』(講談社+α文庫)等。ミュージックフィールドのHP『原田和典のJAZZ徒然草』(http://www.musicfield.jp/harada_kazunori/index.html)も好評連載中。

[主な仕様]
■収録分数:本編 約53分 
■仕様:片面1層 リニアPCM 画面サイズ4:3 日本語字幕入り モノクロ
(c)David, Moffett and Ornette: The Ornette Coleman Trio 1966 SOUND?? Rahsaan Roland Kirk and John Cage 1967

ショッピングカート
カートは空です...
ショッピングカート
友達に知らせる
Share on Twitter